交通費も医療費控除ができる

2014-10-23

医療費控除の対象となる医療費というのは、
治療費や入院費用、薬代だけではありません。
入院や通院のためにかかった交通費も医療費控除の対象になるのです。

電車やバスなどの公共の交通機関であれば、
領収書はもちろんなくても大丈夫です。
『○○病院 片道△△△円×2×○日=××××円』といったように、
病院ごとにかかった交通費の金額をメモに記載し、
医療費の領収書と一緒に税務署に提出するとよいでしょう。

自動車で病院に行った場合のガソリン代や駐車場代は
医療費控除の対象になりませんが、
タクシー代は対象となる場合があります。

それは、タクシーを使わざるを得ない病状の場合です。

では、どれほどの病状であれば控除の対象になるのでしょうか?
そのような基準はありませんので、
電車やバスで十分行けるのに贅沢をしてタクシーを使ったということでない限り、
対象となると考えてよいでしょう。

ただ、必ず領収書を提出しないといけませんので、
忘れずに発行してもらってください。

Copyright(c) 2019 豊中で起業・開業・会社設立の税理士 All Rights Reserved.